バナー

ハードウェア仮想化基盤の欠点を補う新しい考え方

ひとつのハードウェアに複数のOSを動作させることが可能となる仮想化基盤は非常に便利ですが、欠点も存在します。

ひとつは仮想化ソフトウェアがハードウェアに密接したデバイスドライバのレベルからエミュレーションする必要があるため、ベースとなるハードウェアにある程度のマシンパワーを必要とすることです。

教えて!gooの喜びの声を頂いています。

もうひとつはインストールするOS、データベースなどのソフトウェアが有料の場合、たとえ同じOS、ソフトウェアであってもインストール数分のライセンスを購入する必要がある点です。

それらを補うための新しい仮想化基盤としてOSレベルでの仮想化という考えが生まれました。



従来はハードウェアのベースにインストールされているOSに仮想化ソフトウェアをインストールしてハードウェアを仮想化していましたが、OSレベルでの仮想化はベースにインストールされているOSまでを仮想化します。

この手法ではベースのOS環境を複製して複数のOSが動作しているように見せかけます。


そのため異なる種類のOSを混在させることはできませんが、OSとそのOSにインストールされているソフトウェアのライセンスは1つで済み、なおかつ物理ハードウェアに密接して高速に低消費リソースで動作します。

一般的にはサーバー管理者が管理しやすいように担当システムは一種類のOSを採用するため、異なるOSを動作させることができない制限は大きなデメリットにはならず、またソフトウェアライセンス料金などのメリットの方が勝るため、OSレベルの仮想化基盤は採用が進んでいます。

様々なNutanixの分かりやすい情報はこちらです。